アパート経営で大切な事とは|失敗の事例を確認する事の重要性

不動産

マンションに投資するには

模型と電卓

マンション投資において物件選びではまずワンルームマンションを選ぶのが得策となり、同時に利回りの良い物件が狙い目となります。それには新築マンションよりも安く手に入る中古マンションのほうが利回りが良いものです。マンション投資では空室が出来ることは死活問題です。よってその辺りは場所の選定について不動産業者に訪ねてみるとある程度事情が分かります。賃料は高く設定していても近隣の相場に比較してあまりに高ければ他の場所へ移って行かれると考えなくてはなりません。立地においては人気のエリアや駅からの徒歩時間も数分以内というところが利便性に優れ適切な場所となります。そして人に貸すことと同時に物件を売却することも考えておかなければなりません。これらの条件に適うものが投資物件として人気となります。

マンション投資においては現在の人口状況と立地条件、及び何年か先にどういう状況になるかを予測します。マンション投資を行う場合には人口の増える東京の都心部であること、あるいはワンルームマンションの質が求められます。全ては若者から始まるといっても良いぐらいで、数年後にはこの条件に合えば経済状況如何に関わらずまず固いと見て良いものです。そして人気のあるエリアでまだ物件数が少ないところとか、女性をターゲットとした物件やセキュリティの仕様とかが注目されると思われます。同じワンルームであっても、部屋が狭いものと広いものがあります。収納のことを考えればいずれにしても広いほうが余裕もあり有利となります。そして天井高は窮屈でないように高めのものが望ましくなります。設備機器も便利で質の良いものを取り付けると条件も良くなります。